menu

初心者のレンタルサーバー~選び方~

共用サーバーは初心者に向いているサービス

共用サーバーは、複数のユーザーが一つのサーバーを共用する形のサーバーです。

一般的に個人・法人に多く利用されているのが共用サーバーです。

共用サーバーの一つのサーバーで共有する人数はレンタルサーバー(ホスティング)会社によって違い、公開されている場合とされていない場合がありますが、問い合わせてみると答えてくれる場合もあります。

共用サーバーは一つのサーバーに多くの人数が利用する事で料金が安く設定も一般的に簡単なので初心者の方にはもちろん多くの人に利用され人気があります。

しかし、多くの人数が一つのサーバーを共有するためホームページなどの表示が遅くなりやすく、共用している中で一人でもサーバーに負担をかけるようなウェブサイトがあると、他の人のサイトにも影響が出て遅くなります。

最悪の場合サーバーがダウンし停止する事もあります。

共用サーバーのメリット

・コストが安い
専用サーバーに比べ格段に料金が安い。料金は格安の月百円台~数千円で利用する事が出来る。

・初心者にも使いやすい
サーバーの管理をレンタルサーバー(ホスティング)会社が行ってくれるため、専門知識が無くても使える。

共用サーバーのデメリット

・管理者権限がない
管理者権限とはサーバーにアクセスし自由にアプリケーションやソフトをインストルールしたりする権限です。

しかし最近の共用サーバーではいろいろなソフトをインストールし利用できるようになっているサービスが多いので、自分が使いたいものが使えるか確認する事でそんなに困る問題では無くなってきました。

・転送量の制限
一日にサーバーに転送出来る量が、レンタルサーバー(ホスティング)会社によって決められています。最近では転送量無限というのもありますが、多すぎるとやはり警告されたり、自動的に制限がかかる場合があります。

・サーバーダウンの危険性
サーバーを共用しているため、他の人がサーバーに高負担をかけるプログラムを使用した場合、サーバーの転送速度が落ちたり最悪ダウンし停止する場合もあります。

滅多には起きない事ですが、そういう不安もある事を理解しておきましょう。

共用サーバーはマンション形態?

共用サーバーの形態をマンションに例えると少しイメージしやすいので想像してみましょう。

先ず自分の部屋があり、他にも沢山の人の部屋があります。そして共用スペースの入り口や階段、廊下があります。

セキュリティなどはマンションの入り口などにもあるため、一軒家より楽です。

自分の部屋の模様替えは自由に出来ますが、他のスペースには出来ないですね。

そして同じマンションに人に迷惑をかけるような人がいると、ちょっと住みにくくなりますよね。

もちろん他の人に迷惑かけないように心がける必要もありますね。


初心者向けロリポップ!レンタルサーバー詳細はこちら
気軽に使えるクイッカサーバー詳細はこちら
将来性・拡張性のヘテムルレンタルサーバー詳細はこちら


関連記事