menu

初心者のレンタルサーバー~選び方~

仮想専用(VPS)サーバーは専用と共用のいいとこ取りサーバー

仮想専用サーバーは、VPS(バーチャルプライベートサーバー)とも言われ、専用サーバーと共用サーバーの間をとったようなレンタルサーバー(ホスティング)サービスです。

仮想専用サーバーは、一つのサーバーを仮想的に複数のサーバーのように動作させているレンタルサーバー(ホスティング)のサービスです。

実際には共用サーバーでありながら専用サーバー並みのサービスが受けられる環境になっています。そのため共用と専用サーバーの両方の特性を持ち合わせています。

仮想専用(VPS)サーバーのメリット

・コスト
専用サーバーと比べ仮想専用サーバーは割りと安くなっています。

・管理者権限がある
仮想専用サーバーは専用サーバーと同じようにに、権限者としての権限が与えられている、専用サーバーほどでは無いですが、管理や変更で自由な事が出来る。

仮想専用(VPS)サーバーのデメリット

・コスト
共用サーバーと比べるとかなり高い印象を受ける。共用サーバーというよりかは、専用サーバーに近い料金設定になっている事が多い。

・専門知識が必要
専用サーバーほど難しくは無いですが、やはり専門的な知識と技術が必要とされます。

仮想専用(VPS)サーバーはワンフロア形態?

専用サーバーの形態がを一戸建て(ビル丸ごと)、共用サーバーがマンションなら、仮想専用はビルのワンフロアを貸し切りにした状態に例えると少しイメージしやすいので想像してみましょう。

ビルのワンフロアを貸し切る形になります。多少上下の階には気を使わなければいけないですが、周りは誰もいないので、かなり自由に出来る。

一戸建てとマンションの丁度中間的な形態ですが、それにピッタリ合う条件さえ揃っていればとても使いやすいサーバーです。

共用サーバーには満足できないが、専用サーバーを使うほどの規模ではない場合で両方のいいとこ取りともいえる形態とも言えます。


初心者向けロリポップ!レンタルサーバー詳細はこちら
気軽に使えるクイッカサーバー詳細はこちら
将来性・拡張性のヘテムルレンタルサーバー詳細はこちら


関連記事