menu

初心者のレンタルサーバー~選び方~

独立開業してホームページを持つ意味

独立して開業をするという目標をもって仕事をしている方、もしくは既に独立している方がホームページを持つという事について考えたいと思います。

ホームページは【自己PRの場】【自社の顔】【24時間働く営業マン】という事が考えられます。

現在では多くの方がフェイスブックやツイッターなど個人の主張が出来たり仲間を作ったり、コミュニケーションをとったりできる環境が整いましたが、その中でホームページを活用していない人も多いようです。

ホームページを活用する事で上記の3点が可能になるのでフリーランスなどの個人事業主には是非ともホームページを持つことをお勧めします。

自己PRするホームページ

フェイスブックやツイッターなどで自己PRをすることもできますが、ホームページがあるとそれだけで信用度がアップします。

「しっかりやっているんだなぁ」などと感じられることも多い事でしょう。

ホームページでは自由にカスタマイズする事が出来るので、自分のPRをしっかりする事も出来ます。プロフィールなど、仕事から趣味の事までPRすることが出来ます。

また、フェイスブックやツイッターなどと連携する事でよりPRが強調されるともいえます。

自社の顔のホームページ

実際の会社の建物がそれほど素晴らしくなくても、ホームページではいくらでも立派に見せる事が出来ます。

また、個人のセンスやユーモアなどをホームページに取り入れることも出来ます。

そうする事で、自分が行っている仕事に結びつくことはいくらでも可能だと考えます。

また、ホームページがしっかりしていればそれだけでも「きちんとした会社」なんだなという風にもとらえてもらえます。

24時間働く営業マンホームページ

ホームページは素晴らしい営業マンです。

一回作ってしまえば24時間働いてくれます。しかも文句も言わず、給料を払う必要もありません。
※ただし、素晴らしい営業マンになるまでには試行錯誤とコストがかかります。

ネットショップや通販サイト等は、素晴らしい営業マンという良い例ではないでしょうか?

この場合営業マンというよりも販売スタッフといった方が近いですが、24時間働いてくれることには変わりありません。

まとめ

ホームページが出来上がるまで大変なことはいろいろありますが、出来上がってしまえば多くの恩恵を受ける事が出来ます。

最初は誰もが驚くほどのホームページを持つ必要はないと思いますので、まずは自分のPRから始めて、仕事のPR、会社のPRというふうに進めていくことも出来ると思います。

先ずは、ホームページを作ってみる事から始めてみてはいかがでしょうか?


初心者向けロリポップ!レンタルサーバー詳細はこちら
気軽に使えるクイッカサーバー詳細はこちら
将来性・拡張性のヘテムルレンタルサーバー詳細はこちら


関連記事