menu

初心者のレンタルサーバー~選び方~

格安サーバーのデメリット

格安サーバーは提供しているサーバー会社も多いですが、サーバー代が安い、初心者が始めやすい、使い方をいろいろ勉強出来る良い面だけで無く、悪い面デメリットもあります。

格安サーバーに共通する事は、サーバーの種類が共有サーバーで一台のサーバー(コンピューター)のスペースを複数のユーザーで使用しています。

共有しているユーザー数は格安サーバーであれば数百人となります。

それはレンタルサーバー会社によって違いますが、格安サーバーであれば共用している人数が多いと思って間違いないでしょう。

レンタルサーバー会社も、会社として売り上げや収入を得なければ成り立たない事を考えれば当然だと言えます。

そういう事から、一台のサーバー(コンピューター)を数百人のユーザーで共有する事は仕方が無い事だとも言えます。

多くのユーザーで共有する事で、生まれるデメリットがあります。

それはサーバーの安定性です。

格安サーバーに付き物のサーバーが重い等は当然な事だといえば当然でしょう。

満員電車のように人がいっぱいいる電車は、いろんな原因で遅れたりします。

一人がドアに挟まればドアを開きもう一度乗せます。そんな些細な事で電車は遅れます。

それと同じように沢山いるユーザーの中に一人高負担のサイトを運営していれば、同じサーバー内の他のサイトにも影響が出てしまいます。

それと格安サーバーはユーザーが多い分、問い合わせ等も普通より多いと予想されます。

その為ユーザーへの返信が遅くなる事もあります。

格安サーバーを利用する場合は、その事を踏まえた上で使用するのが良いでしょう。

格安サーバーの悪い点

1、サーバーが不安定
2、サポートの不安

どちらも使用ユーザーが多い事から起こるのが原因の一つになります。

しかし格安サーバーの中でもサービスの向上を目指しているレンタルサーバー会社もありますし、使いやすい格安サーバーもある事も確かです。

格安サーバーに向いているのは?

格安サーバーに向いているのは

1、初心者の人
2、個人のサイト
3、コストを抑えたい人

の三つです。

サーバーを借りるのが始めての人は不安や疑問も沢山ある事でしょう。

それでコストが高いとあっては手が出にくいはずです。そういう意味で格安サーバーは始めるのが簡単なので、初心者にはおすすめです。

格安サーバーに向いていないのは、企業やお店のサイト、特に商用目的のサイト(ショッピングサイト)等は、格安ではなくもっとしっかりしたサーバーの方が後々良いでしょう。

それでもコストを抑えたい方、サイトは使えれば良いという位の人には向いていると言えます。


初心者向けロリポップ!レンタルサーバー詳細はこちら
気軽に使えるクイッカサーバー詳細はこちら
将来性・拡張性のヘテムルレンタルサーバー詳細はこちら


関連記事